心から恐れを解放するセラピー
物理的に存在しない「恐れ」に意識を注ぐと、お化けのように怖くなります。とかく地に足がついていないとき、恐れに取り憑かれます。

恐れは実態のない想念

漠然とした恐れ、未来を心配するときの予測恐怖、過去からくる恐れ、特定の人物や出来事に対する恐れ・・・「恐れ」と認識するすべてに有効なセラピーです。

多くの「恐れ」はヴァーチャル想念です。必要な恐れとムダな恐れを分別しましょう。

恐れの解放のテーマでは、恐れを発している「分身」とワークします。

【こんなときにお勧めします】

・漠然と怖い

・先々を考えると怖い

・特定の人物に恐れを抱く

・恐れを感じる出来事や役割がある

・恐がりだと思う

・恐れがなければもっと前向きになれると思う

・恐れの正体を知りたい

【ワークの構成】

(導入解説)「恐れの分身」「揺らぎの椅子」

【用意するもの】

椅子1脚

 

関連記事

  1. 自己評価を上げると周りからの評価もアップする

  2. 職場の人間関係に悩むときのセラピー

    職場の人間関係は、感情<仕事ベースで上手くゆく

  3. 5次元瞑想で「今」にグラウンディングする

  4. ストレスを取り除くセルフセラピー

    ストレスを感じるストレッサー

  5. 脳内の思考をクリアにして直観力をあげる

  6. 病気・症状との内なる対話が癒しのときに