集中力を高める瞑想
集中することに理由はいらないが、集中スイッチを入れる必要はある

窓を拭くように、集中力を磨き高めていく

勉強、仕事、スポーツ、創作など、あらゆる活動を行う前に集中力を上げたいとき、雑念が多く集中力が落ちているときに効果的な瞑想ワークです。

集中力をアップしたい要件ごとに15分瞑想をすると、集中のスイッチが入ります。

エネルギーがクリアになる(雑念が取れる)、曖昧な目的によって集中できないなど、ケースバイケースに集中できない原因がわかるでしょう。また、その気付きを促します。

ワークの中では、「窓」をビジュアライゼーション(視覚化)することで、潜在意識下ではあなたの集中力を磨くよう「変換」します。

後半には簡単な瞑想マントラを唱え、ヒーリングや癒し作用も期待できます。

集中力を高めたい、今日一日をムダなく過ごしたい、自分の軸を整えたいときに必聴です。

関連記事

  1. 5次元瞑想で「今」にグラウンディングする

  2. 花粉症のおかげ?症状の利得を知る

  3. 豊かな感性は豊かな精神性

  4. Does smoking really relax you?

  5. 自己評価を上げると周りからの評価もアップする

  6. 食事から変わるダイエット瞑想