〜疲れきった体を休めたい〜 江戸時代から伝わる「軟酥(なんそ)の法」        
軟酥(なんそ)が身体を心地よく溶かすようにほぐしていく・・・

江戸時代から伝わる内観法

江戸時代の名僧、白隠禅師は厳しい修行時代の若い頃に体調をくずし、ノイローゼになったそうです。その彼を救ったのが、白幽仙人。仙人は、内観法と「なんその法」という瞑想に似た健康法を教えました。のちに、白隠は「夜船閑話」に「なんその法」を記しています。

「なんそ」を使う心地よ〜い安らぎで体を安めます。

【こんなときにお勧めします】

・体が疲れやすい

・冷え性

・呼吸が浅い

・自己暗示の精神療法に興味がある

・禅の健康法に興味がある

・瞑想を楽しみたい

【ワークの構成】

(導入解説)宇宙内観法軟酥の法現実の意識へ

【用意するもの】

足裏が床につく高さの椅子

 

関連記事

  1. 5次元瞑想で「今」にグラウンディングする

  2. 10分間で深い睡眠に誘う

  3. 5次元で起こる?ハッピーな引き寄せ法則

  4. ストレスや疲労を解消し眠りに誘うシータ波

  5. 花粉症のおかげ?症状の利得を知る

  6. 女性のためのヒーリング〜PMSを穏やかに

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。