〜疲れきった体を休めたい〜 江戸時代から伝わる「軟酥(なんそ)の法」        
軟酥(なんそ)が身体を心地よく溶かすようにほぐしていく・・・

江戸時代から伝わる内観法

江戸時代の名僧、白隠禅師は厳しい修行時代の若い頃に体調をくずし、ノイローゼになったそうです。その彼を救ったのが、白幽仙人。仙人は、内観法と「なんその法」という瞑想に似た健康法を教えました。のちに、白隠は「夜船閑話」に「なんその法」を記しています。

「なんそ」を使う心地よ〜い安らぎで体を安めます。

【こんなときにお勧めします】

・体が疲れやすい

・冷え性

・呼吸が浅い

・自己暗示の精神療法に興味がある

・禅の健康法に興味がある

・瞑想を楽しみたい

【ワークの構成】

(導入解説)宇宙内観法軟酥の法現実の意識へ

【用意するもの】

足裏が床につく高さの椅子

 

関連記事

  1. アストラルトラベル魂の書とメッセンジャー

    日頃の立場や役割を越えて、あなたの魂レベルの本質を旅しよう

  2. 5次元瞑想で「今」にグラウンディングする

  3. Can you sleep well if you smoke?

  4. コスミックスリープ

    深い眠りで日中のパフォーマンスアップを!

  5. シックスセンス開発 直感と透視能力をアップする

    五感の進化系、第六感を磨こう!

  6. ヒプノティック睡眠せせらぎ

    睡眠負債が溜まっていませんか?