ルーツ・モダリティ 〜ご先祖様、亡くなられた身内の方と対面する〜
ご先祖様、亡くなられたお身内の方々は、昇華されるほど、お元気な頃のお姿で対面なさるようです。

ご先祖様を身近に感じるときは人生の転機のサイン

ご先祖様のことを思うとき、自分自身のルーツと深く向き合っています。

「すでに他界された身内はどうしているのだろう?」「お話をしたい」「助けてほしい」

そんなときに、安全に対面しコミュニケーションをとるためのタイトルです。生きること、死を迎えることの意味と深い部分でつながるかもしれません。

愉しい再会になるでしょう。

【こんなときにお勧めします】

・ご先祖様や亡くなった身内のことをよく考える

・亡くなった身内の残像や霊を見る、または気配を感じる

・夢に身内が現れる

・自分のルーツを大切にしたい

・ご先祖様に会ってみたい

・自分を守護してほしい

・家族やきょうだいに問題が多い

・身内の生活や問題を背負っている

【ワークの構成】

(導入解説)椅子と必要であればお塩の準備ワーク今現在へ

【用意するもの】

椅子、お清めのお塩が必要であれば、和紙か白い紙に盛り塩を4つ(安全な場所であったり、しきたりにこだわりがなければ盛り塩は必要ありません)

 

関連記事

  1. 417Hzマイナスな状況からの回復

    マイナスな状況から回復する

  2. 緊張感を解放するセラピー

    緊張感は自分らしくいられないストレス

  3. 「パラレルライフ」もしもあのときの選択が違っていたら

    過去の「選択の迷い」を確かめる並行世界の旅へ

  4. 病気・症状との内なる対話が癒しのときに

  5. 意識次元をあげてハイヤーセルフと出逢う

    ハイヤーセルフとコミュニケーションを取ろう

  6. ピロー・ソリューション

    問題や悩みを書き出し、安心して「眠りの道」へ